肝斑治療で今注目を集めているのがレーザートーニングです。お悩みの方はザ・クリニック名古屋の美容皮膚科へご相談ください。

THE CLINIC NAGOYA 皮膚科・美容皮膚科・美容外科・美容整形・形成外科 名古屋市地下鉄『栄』駅より徒歩3分

お問い合わせ・ご予約はこちら

  • メール予約
  • ONLINE予約
  • 診療内容
  • line1
  • クリニック紹介
  • line2
  • 院長・ライブセラピスト紹介
  • line3
  • 料金
  • line4
  • アクセス
  • line5
  • Q and A
HOME >> 診療内容  >> 肝斑レーザートーニング

肝斑レーザートーニング

肝斑レーザートーニング(メドライトC6)

Laser Toning Medlite

肝斑はレーザーで治療できる!

レーザートーニングとは、1064nmという皮膚に深く入り、かつ肝斑を刺激し過ぎない波長を用いた最新のQスイッチNd-YAGレーザー(メドライトC6)による肝斑の新しい治療法です。
これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法として、レーザートーニングは非常に注目されています。
肝斑のほかにも、毛穴の開きやくすみなど肌の若返りにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

肝斑とは、一般的に30〜40代のアジア人の女性に多く見られるシミの一種で、両ほほに同じようにできるのが特徴です。原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンの関与、また物理的な刺激による炎症性の色素沈着ともいわれています。
肝斑はほかのシミと混在している場合が多く見分けるのが難しいので、ただのシミだと思い込んでいる方も少なくありません。

これまでの肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服や外用、イオン導入などを長期にわたって継続する必要があり、難治性の肝斑の場合にはそれでも色素が残ってしまうことがありました。
こうした従来の治療に対して、レーザートーニングは炎症を促進させず、肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンに対しておだやかに働きかけるため、より効果的に早く肝斑を改善することができます。

適応症状

image

  • 肝斑
  • シミ(老人性色素斑)・そばかす
  • 炎症性色素沈着
  • くすみ
  • 毛穴の開き
治療効果
  • 1週間隔で、5〜6回繰り返し治療を受けることで、徐々に改善効果が得られます。
  • 個々の症状に応じて、特に肝斑に対して、フォトブライト治療(ライムライト)、レーザーピーリング(ジェネシス)、ビタミンCイオン導入、トラネキサム酸イオン導入、外用・内服治療などを併用することにより、肝斑の治療効果を最大に期待することができます。

Laser Toning MedliteC6

レーザートーニングが肝斑治療を可能にする理由(メドライトC6の特徴)

1. 均一な照射

レーザートーニングで最も重要なのは、レーザーが照射されるビーム形です。通常、レーザーを照射するとレーザービームの真ん中のエネルギーが一番高くなり、端にいくほど弱くなります(ガウシアン型)。しかし、パワーが弱すぎる端の部分では効果が見られず、強すぎる中心部では炎症を起こし肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザー機器では肝斑治療には適していませんでした。

メドライトC6ならレーザーがフラットに照射され(トップハット型)、均一にエネルギーを届けることができるため、効果的で確実なレーザートーニングによる肝斑治療が可能になったのです。

2. 低出力での照射

肝斑は、ホルモンバランスの崩れなどの原因によって何らかの作用で常に炎症が続き、その結果、メラノサイトが過敏になってメラニンをどんどん作りだす炎症性の色素沈着を起こしている状態といわれています。

炎症を起こさせないくらいの低出力でレーザーを照射し、肌の中に蓄積しているシミの原因であるメラニンを少しずつ破壊していくことで、安全で確実に肝斑を治癒します。

レーザートーニング治療実績

当院レーザートーニング(メドライトC6) 総数298名;症例数1,911例(2016年7月末時点)の治療実績から、医学術的評価として高い有効性と安全性のデータが得られています。

性別比率

性別比率グラフ

年齢別比率

年齢別比率グラフ

症状別比率

症状別比率グラフ

有効性

有効性グラフ

安全性

安全性グラフ

驚異のリピーター率!!

レーザートーニングは、肝斑以外での治療選択も多く、特に20〜40代の方を中心にリピーター率が高く大人気の施術で、治療された患者様の9割以上の方から改善効果と満足感が十分に得られています。
毎日鏡を見て「この部分が無くなればいいなぁ…」と思って見える方も多いはずです。その気になるシミや炎症後色素沈着・黒ずみ、くすみなどの様々な肌症状をレーザートーニングで治療してみませんか?
詳細につきましては、院長またはスタッフまで、お気軽にお問い合わせ下さい。

治療経過・アフターケア

短時間(約10分)で全顔の治療が可能で、痛みや肌へのダメージもほとんどなく、治療直後からメークアップなど、すべての日常生活が普段通りに行えます。ただし、治療後は、万全の紫外線対策を心がけて下さい。

以下より肝斑レーザートーニング(メドライトC6)の施術風景など、動画がご覧頂けます。

症例画像

症例画像

症例画像

症例画像

メール予約へ オンライン診療予約へ 料金表へ Q&Aへ
このページのトップへ
  • 美肌・アンチエイジング
  • シミ・肝斑
  • しわ・たるみ
  • 毛穴の開き
  • ニキビ・ニキビ跡
  • プチ整形
  • 医療レーザー脱毛
  • 多汗症・わきが
  • 医療痩身・ダイエット
  • 二重まぶた・目もと
  • 鼻
  • バスト・豊胸
  • 形成外科
  • 婦人科形成
  • ピアス
treatment menu end
  • 医療レーザー脱毛
  • 多汗症・わきが
  • 医療痩身・ダイエット
  • ウルセラシステム
  • インフィニ ハイブリッド
  • フラクショナル・レーザー
  • パール フラクショナル
  • 肝斑レーザートーニング
  • ライムライト
  • アキュチップ
  • シミQスイッチレーザー治療
  • ジェネシス
  • タイタン/スーパータイタン
  • 3Dトータルスキンケア
  • サリチル酸ピーリング
  • イオン導入
  • 高濃度W-PRP注入療法
  • ヒアルロン酸注入(麻酔剤入り)
  • ボトックス注射
  • フェイスリフト
  • 注射・点滴
  • 外用・内服治療
  • ドクターズコスメ
treatment menu end

オンライン診療予約

メール予約

このページのトップへ
Copyright (C)  THE CLINIC NAGOYA  All Rights Reserved.